Menu

接遇のポイントを把握しておく

介護は高齢者に対するサービス業と言えるもので、特に接遇が大切なポイントです。利用者との交流を深める上でポイントとなるのは挨拶で、接遇の基本と言えるでしょう。コミュニケーションは挨拶から生まれることが多く、挨拶なしでは良好な関係を作ることが難しいです。ただし、言葉だけで挨拶をするのではなく、気持ちを込めること、目を合わせることなどが重要となります。義務的に行うのではなく、コミュニケーションの一環として考えておく必要があります。

また、相手の立場になって物事を考えることも大切で、利用者の話はしっかりと聴いてあげましょう。話を聴くことで信頼関係が生まれますので、ここは手抜きしてはいけないポイントです。加えて、話を聴くときは内容を理解し、相槌を打つことも大切になるでしょう。相手の話を右から左に聞き流すようでは、相手は粗末に扱われていると感じるはずです。実際に自分が高齢者になった感覚をイメージして、どのように接してもらったら嬉しいのか考えてみましょう。

さらに、介護における接遇とは一人ひとりに対して適切な対応をすることなので、利用者の性格を認識しておくことが必要になります。その他に、相手に親しみを持ってもらうことは大切ですが、決して馴れ馴れしくなってはいけません。相手の尊厳を傷つける言動には十分に注意する必要があります。利用者とのコミュニケーションが円滑に進まなければトラブルやクレームの原因となります。正しい接遇はチームワークと同じくらい大切なポイントなのです。
介護での接遇についてもっと詳しい内容はこちらのページが参考になります。